STRASBURGO JAPAN COLLABORATION WITH ARTIST MOOMOI (MEREDETH WING) FEATURING SIMON ALCANTARA JEWELRY.

『 ストラスブルゴをつくるひと vol.4 MOOMOOI
〜花たちは、ただそのままで美しい ありのままに描くのが私の喜び〜 』


3月25日、東京ミッドタウンにオープンした「JEWELS OF STASBURGO」。
そのサロン・オープニングで、サロンと同じように話題を集めたのがMOOMOOIのポストカード。
ストラスブルゴの服とジュエリーを描きつつ、生の花をあしらった作品はピュアで繊細な美しさに満ちています。
魅力的なイラストを生み出すMOOMOOI に今回のコラボレーションについて語ってもらいました。


Q.あなたは、いつからイラストを描くようになったのですか?

A.物心がついた時から描いていると思うわ、私がまだ小さかった頃、そう...多分4歳くらいの頃かしら。
キッチンにあった私の机で、ずっとスケッチをしていたの。
1800年代後半の、私の大好きなドレスを着た女性の姿を本で見たことや、父が1920年代のきらびやかなフラッパーな映画を見ていたのも、よく覚えているわ。


Q.どうやって作品に花や葉を使うことを思いついたのですか?

A. 夫と私が、空港で退屈していて、たまたま私がチクレット・ガムを持っていたの。
アメリカのいわゆる普通のガム、そして、小さくて完璧な正方形のガム。
ちょっと馬鹿げているかもしれないけれど、私はそれを描いて、これがハンドバックだったら、と想像してみたの。
そして、この想像上の小さな「ガムのバッグ」をインスタグラムに上げたら、みんながそれに注目してくれて、とても好評だった。
それでわかったことは、対象となるものは、シンプルに描くべきであるということ。
そして、もしそれが風変わりな形だったとしても、ものの姿をありのままにシンプルに描くことは、私にとって、とてもハッピーだということ。
花たちは、その姿だけでとても美しいものだし、まるでお洋服のように精緻なディテールを持っているもの。
だから描いてみたいと思うのね。
今回のストラスブルゴのイラストでは、プリントが素晴らしいゴージャスなエメラルドグリーンのドレスを#Some FlowerGirlの象徴として使ってみたの。
私は、緑の自然な美しさは葉に一番よく表されていると思っていて、その風合い消したくはなかった。
だから、自然のものに色を着けるというのは、私にとって新たな試みとなり、とてもチャレンジングな仕事になったわ!

Q.将来の夢は? A.ビジネスを育てて、より多くのファッションブランドとコラボレーションしてみたい。 もちろんストラスブルゴのためにたくさんイラストを描きたいし、花についても学びたいわ。 同時に、新しい素材を作品に使うことも目標ね。 Q.ファッションとジュエリーを愛する、日本の女性たちにメッセージをお願いします。 A.日本の女性はとてもエレガントで洗練されていると思う。 私は日本女性の趣味がとても良く、ジュエリー遣いについてもとても洗練されていて、決してやりすぎにならないことをいつもすごいと思っているし、尊敬しています。  

Q.将来の夢は?

A.ビジネスを育てて、より多くのファッションブランドとコラボレーションしてみたい。
もちろんストラスブルゴのためにたくさんイラストを描きたいし、花についても学びたいわ。
同時に、新しい素材を作品に使うことも目標ね。


Q.ファッションとジュエリーを愛する、日本の女性たちにメッセージをお願いします。

A.日本の女性はとてもエレガントで洗練されていると思う。
私は日本女性の趣味がとても良く、ジュエリー遣いについてもとても洗練されていて、決してやりすぎにならないことをいつもすごいと思っているし、尊敬しています。

 

Q. これまでの仕事の中で、印象深いものは?

A.コーチェラ・フェスティバル(コロラド州の砂漠の一角で行われる野外フェス)に参加して、セレブリティのスケッチをしたこと。ケイティ・ペリーやロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ケイト・ボスワースが立ち寄ってくれて、とっても楽しかったわ!


Q あなたが最も影響を受けた人は?

A.ファッションフォトグラファー、イラストレーターでもある、ギャランス・ドレ。彼女の個性や、仕事、そしてファッションに対する考え方をとても尊敬しているの。


Q ストラスブルゴとのコラボレーションは、なたにとっていかがですか?

A.とってもやりがいがあるわ! ストラスブルゴの洗練されたセレクトのファッションとジュエリーはそれだけでアートですもの。これからも、もっとたくさんのイラストを描くので、楽しみにしていてください

MOOMOI

STRASBURGO.CO.JP

Posted on May 1, 2016 .